真空コーティング装置の溶接条件

- May 31, 2018-

1.溶接継手の構造を設計する場合、継手は完全に溶接されなければならず、汚れを集めるための有害な空間は避けなければならない。 正しい溶接方法は、溶接継手を真空側に置き、深溶接を行うことです。 間違った溶接の大部分はデッドスペースにつながります。そのため、2つの溶接継手の間にある程度のスペースを塞いで、内部にガスを入れてください。

 

2.溶接継手は、漏れ検出をサポートしないデッドスペースの発生を避けるため、一度に十分に溶接する必要があります。


3.強度要求のため溶接継手を両側で溶接する必要がある場合、内部溶接継手は漏れてはならない。 漏れ検知のために、外部溶接を行う際にドリルプラグを取り付ける必要があります。

 

4.船舶が構造的に溶接される必要がある場合、内部溶接継手は連続していてはならないので、溝からのガスが容易に排出され、構造溶接継手は密封溶接継手を横切らない。

 

5.溶接部品は、製造段階で最大数の溶接部を別々に試験できるように設計し、最終組立前に修正することができます。

 

6.溶接シールの最大許容漏れ率(空気)は、溶接長さで約10-7 Pa m3(s m)です。 漏れ率が比較的高い場合は、母材が露出するまで溶接継手を摩耗させてから再溶接してください。 修理溶接では漏れを防ぐことが難しく、新しい亀裂を作るために応力を発生させるのが容易であるため、元のリークが発生した場所で2回の溶接を行わないでください。


blob.pngblob.png