カラーセンス生成のメカニズム

- Dec 06, 2019-

カラーセンス生成のメカニズム

 

色の生成の主な理由は、太陽放射の可視光が物体の表面を照らし、反射光が人の視細胞に入り、色覚を生成することです。 人の視覚細胞は、赤、オレンジ、黄色、緑、青、紫を含む7色を区別できます。 ただし、基本色は赤、緑、青の3種類のみで、3原色と呼ばれます。

微信图片_20191205113328

オブジェクトの赤、緑、青の吸収が多い場合、オブジェクトの表面は黒く見えます。 オブジェクトが赤、緑、青に強く反射している場合、オブジェクトは白く見えます。 青い光のみを反射し、赤と緑を吸収すると、オブジェクトは青く見えます。 逆に、オブジェクトが赤と緑の光を反射し、青の光を強く吸収する場合、オブジェクトは赤と緑の光の混合を提示します-黄色オブジェクトが青と緑の光を反射し、赤の光を強く吸収する場合、オブジェクトは混合して表示されます青と緑の光の-シアン。 同様に、オブジェクトが青と赤の光を反射し、緑の光を強く吸収する場合、オブジェクトは青と赤の光の混合-紫を示します。 これは、色の相補性の性質です。黄色と青が互いに補い、赤とシアンが互いに補い、緑と紫が互いに補います。

 

異なる光波の色とそれらの補色表

物体に吸収された光

人間の目に見える光(補色)


波長/(nm)

対応する色


400〜420

紫の

緑がかった黄色

400〜450

ヒヤシンス

450〜480

青い

オレンジ

455〜490

空色

オレンジ

480〜500

青緑

500〜560

紫がかった赤

560〜580

黄緑

紫の

580〜600

紫がかった青

600〜620

オレンジ

青い

620〜670

青い

特に、物体の表面に可視光が放射されると、吸収、反射、透過の3つの現象が発生します。

 

不透明な基板の場合、透過波はゼロであるため、オブジェクトの色は主に反射と吸収によって反射されます。 透明基板については、3つの現象が同時に作用します。 物体の色は、主に可視光が反射、吸収、透過により生成する色に反映されます。 下の図に示すように、白色光のビームが透明な赤色の基板に照射されると、可視光の赤色単色光が反射および透過され、他の色の可視光が吸収されます。

装饰镀

PVD装飾カラーコーティング機、IKS PVDに連絡、Eメール:iks.pvd@foxmail.com