伝統産業の PVD コーティングの主な用途

- Mar 09, 2018-

PVD コーティング技術は、伝統的な業界で重要な役割を果たしています。ベースを処理、PVD コーティングは、珠江デルタ地域、浙江省、中国の東北地域の温州周辺地域に主に集中しています。多くの大規模なハードウェア製造元にワーク ショップや分岐処理独自の PVD コーティングが一般的にあります。以外にも、外国の PVD コーティング処理命令とのエクスポート自身の灯-灯具、ロックセット、メガネ、ライター、衛生陶器、自動車などの製品, オートバイの付属品、装飾金物、電気部品などの製品は、すべてPVD コーティング プロセスのより高い技術的な要件を提案します。


近年、PVD コーティングのアルミニウム合金車輪ハブの需要は北アメリカとヨーロッパ、アメリカ合衆国を中心に徐々 に増加しています。研磨と研削完成品と外観、耐腐食性と結合力が要求されたすべての一流、その上、PVD マルチめっき用前処理剤・光沢剤をコーティングまでから多くのプロセスがあるので全体のプロセスで制限されます。だから、ほとんどの顧客は輸出で外貨を獲得するために有名な外資系企業から PVD 製品を選択します。


中国の PVD コーティングの労働者の共同の努力、開発と研究の PVD コーティング特別化学物質、様々 な蛍光増白剤・添加物、PVD コーティング主機器と補助機器などに大きな進歩を達成されています。PVD コーティングの技術レベルは国内生産のニーズを満たすことができるされています。国内外で環境保護の上昇の人気とパフォーマンスの要件をコーティング面でより環境に配慮した PVD メッキは広く適用されます。


IKS PVD 技術 (瀋陽) 有限公司は開発、真空成膜装置の生産に努めています。当社の真空成膜装置は、自動車、ガラス、プラスチック、電子、時計、クロック、ハードウェア、他の産業で活躍しています。当社の製品は、カスタマイズされたプロセス ソリューションと機械を顧客に提供する世界中広く販売しています。


blob.png blob.png