ルーツポンプの構造的特徴

- May 18, 2018-

ルーツ真空ポンプは、一種の二重ロータ容積式真空ポンプです。 ポンプキャビティには2つの対称ロータがあります。 回転子の形状は、2つの葉の形状、3つの葉の形状または4つの葉の形状である。


2つのロータは、ある相の平行な一対の軸に取り付けられ、軸端ギヤ(i = 1)によって駆動されて同期逆転を行う。 ロータは互いに接触せず、ポンプチャンバ壁と接触しておらず、通常、ロータとチャンバ壁との間に0.15〜1.0mmのクリアランスがある。 ポンプ室は、このクリアランスと高い回転速度によって密閉(比較的密封)されている。


ポンプ室に摩擦がないので、ロータは通常500〜3000r / minの高速回転が可能です。 ポンプの潤滑位置は、ベアリング、ギア、ダイナミックシール(ギアボックスにはオイルが含まれており、ポンプチャンバーとプレサクションチューブの間に圧力差があります)に制限されています。



根の真空ポンプの構造図

blob.png

1.フロントエンドキャップ 2.オイルポインタ

3.圧力センサー4.オイルフィラープラグ

5.オイルドレンプラグ 6.ギヤサイドベアリングエンドキャップ

7.ポンプ本体8.インレットフランジ

9.アウトレットフランジ 10.ロータ

11.モーター側ベアリングキャップ12.中間フランジ

13.オイルシールのオイルフィラープラグ 14.オイル シールの オイルドレンプラグ

15.ケージステント16.モーター

17.ポンプ基盤

 


根の分類真空ポンプ構造型


ロータがポンプ本体にどのように取り付けられているかによって、ポンプの全体的な構造が決まります。 現在のところ、国内外にはおよそ2種類のルーツポンプがあります:


1.垂直ルーツポンプ

垂直ルーツポンプの入口と出口は水平位置にあり、組み立てと接続がより便利になります。 しかし、ポンプの重心は高く、高速での安定性が悪いため、この構造は主に小型ポンプに使用されています。


2.水平ルーツポンプ

ポンプの入口は排気口よりも高い。 吸気口と排気口とが直交するように排気口が水平に接続されていることがある。 排気ポートは排気管に2つの方向に取り出すことができ、もう1つはバイパス弁に遮断または接続されています。 この構造の重心は、高速で良好な安定性を保証するためには低い。 この構造は一般に、大型および中型ポンプに使用されている。


blob.png