ロータリーベーンポンプ作動原理

- Jul 13, 2018-



ロータリーベーンポンプの作動原理は次のとおりです。

回転子(2)は、ポンプ円筒状ハウジング(1)内に偏心して配置されている。

自由に動くベーン(4)は、多数のロータスロット(3)に挿入される。

ロータが回転すると、遠心力はベーンを円筒壁に押し付けて、ロータとシリンダとの間にチャンバを形成する。 回転子が回転し続けると、回転子が偏心して位置するために、ブレード間のチャンバ容積が変化し続ける。

4.入口(5)から出口(6)まで、チャンバ容積(7)は大きくなり、次に小さくなる。

容積が大きくなると、羽根の回転によって空気が入口(5)からチャンバに入る結果として、真空が生成される。

圧縮空気によってチャンバが小さくなると、出口(6)で圧力が発生する。