PVD真空光学コーティング

- Mar 08, 2021-

PVD真空光学コーティング

近年、携帯電話家電は最も急速に成長し、更新された産業の一つです。消費者のニーズと差別化を実現するために、大手携帯電話メーカーは革新と発展を続けている。シェル材料だけでも、スマートフォン業界はプラスチック、金属、ガラス、セラミック、その他多くの選択肢に直面しています。
消費者にとって、シェル素材もスマートフォンを選択する上でますます重要な要素になりつつあります。しかし、材料が何であれ、処理工程には様々な表面処理プロセスが不可欠です。例えば、金属シェルの表面処理プロセスは、サンドブラスト、電気めっき、PVD、噴霧、アノディック酸化等を含み、一方でガラスおよびセラミック材料の殻もAFコーティング処理を受ける必要がある。ただ、真空コーティングは、かつてはプロのコミュニケーションでしか使われなかった言葉でしたが、AF/ASコーティングは「タッチスクリーン電話」の人気により、ますます身近になってきています。
いわゆるAF/ASコーティング、すなわち、疎水性フィルムまたはアンチフィンガープリントフィルム(AFフィルム)としても知られている防汚フィルム(AS)は、主に真空コーティング技術を通じて、基板上に有機フッ化物材料の堆積物を行い、基板表面には防水、抗油、抗スクラッチ、アンチフィンガープリント、防汚、洗浄が容易、その他の機能を備えており、そこからこの層の重要度を見ることができます。

AR:反反射

AF:指紋防止

IR:通常、赤外線カットオフフィルタと呼ばれ、正確な名前はUV-IRカットフィルタと同様に、IRカットフィルタです

として:アンチスクラッチフィルムは、フィルム層の硬度を高め、自動車産業におけるASダイヤモンドフィルムも知られている

IKS PVD社、装飾塗装機、工具塗装機、光学塗装機、PVD真空コーティングライン。今すぐお問い合わせ、電子メール:iks.pvd@foxmail.com