PVDの限界

- Jul 10, 2018-


PVDコーティングは、ラインオブサイトプロセスであるため、レベリング効果を有しない。 また、PVDコストは依然として厚さがコスト決定要因であるほど十分に高い。 装飾用PVDコーティングの厚さは、一般に0.3mmの範囲である。 この厚さでは、PVDコーティングは腐食バリアとして作用しない。 したがって、通常、電気めっきされた製品の上に塗布される。


仕上げサイクルの最後のステップとしてのPVDコーティングの場合、前のステップは最終製品の品質において重要な役割を果たします。 この点で、黄銅、亜鉛ダイカスト及びABSのような異なる基板材料の間で区別がなされなければならない。 基材材料としてのステンレス鋼は、電気めっきする必要がなく、黄銅および亜鉛製品と共に被覆することができる。