機械部品のDLCコーティングの適用

- Apr 04, 2018-

ダイヤモンドライクなコーティングは、機械部品業界で広く使用されています。


◆精密機械

精密ベアリング、繊維機器およびコンポーネント、コンプレッサースクリュー、スライド、ポンプシール、ブレード、縫製機器およびコンポーネント、スプリングおよび精密トランスミッションなど。


インプラントの測定

キャリパー、キャリパー、プラグゲージ、備品など。


医療機器・器具

外科用ナイフブレード、外科用ハサミ、心臓弁、人工関節、および血管内ステントなど。


ICエンジン業界

燃料噴射システム(バルブリフター、プランジャー、燃料インジェクター)、動力伝達システム(ギア、ベアリング、カムシャフト)、ピストンシリンダーアセンブリ(ピストンリング、ピストンピン)、バックルロックドア、トリムなど。


  エンターテイメントとフィットネス

スピーカーダイヤフラム、モバイルHDD、CD、ゴルフクラブ部品、自転車部品、剃刀刃など。


光学系。

赤外線反射防止反射防止膜、ガラスコーティング、レンズコーティングアクリルコーティング、保護フィルムなど。


装飾塗装。

携帯電話のシェル、ハイエンドの腕時計、屋内と屋外のハードウェア、バスルーム製品、アクセサリーなど。


航空宇宙

航空機、ミサイルコーティングのレドーム、衛星、太陽電池コーティングなど。