Appleの新しい特許が明らかにされ、そして新しいIPhoneは裏側に織り目加工のガラスを使うかもしれない

- Jun 04, 2019-

Appleの新しい特許が明らかにされており、新しいiPhoneは背面に織り目加工のガラスを使用することができます

 

米国特許商標庁は本日、正式にappleに付与された51の新しい特許を発表しました。 この記事では、そのうちの1つ、iPhoneの裏面にスペックルまたはグローバルテクスチャを提供するためのappleの方法を紹介します。 質感は、ユーザーがiPhoneをよりよく握ることを可能にするだけでなく、後部シェルの外観を改善するのを助けるためにガラスの上に「装飾的な層」を提供します。

 

iPhone XRの所有者として、背面の光沢のあるガラスはケースを使わずに簡単に落とすことができます。 そしてテクスチャード加工されたガラスを提供することは将来のiPhoneのために良いでしょう。

 

アップルの特許(特許番号10292286)は、「後部シェル壁の領域は、織り目加工表面によって形成される艶消し外観であり得る。織り目加工表面は、ガラス層上に直接形成され得るか、またはそれは薄いガラス上に形成され得る。ガラス層に結合された層およびポリマーフィルム。

 

特許図1はiPhoneの斜視図です。 埋め込まれたテクスチャー領域を有する例示的なガラス層の側面断面図である。

微信图片_20190604082252

アップルは2019年1月に発明の特許出願を提出しました。アップルに付与された特許はもともと2017年の第一四半期に出願され、米国特許商標庁によって本日発表されました