Oリングの原理

- Jul 09, 2018-


Oリングは、流体動力システムにおいて最も使用される密封形態である。 Oリングは、シンプルな構造、良好なシール性能、低摩擦、小さな溝のサイズ、および容易な製造のために、油圧および空気圧部品に広く使用されている。

 

Oリングの作動原理:Oリングは、シール溝に取り付けられ、オイル(またはガス)の圧力によって変形され、溝の片側に絞られ、シール接触面がシールされ、空気の流れ)は通過できません。 このシールは、流体動力システムではうまく機能しますが、Oリングが適切に設計されて使用されていないと、シール不良が発生しやすくなります。



blob.png

図1