鋳型の真空熱処理技術

- May 25, 2018-


真空熱処理技術は近年開発された新しいタイプの熱処理技術である。 熱酸化や脱炭の防止、真空脱ガスやガス抜き、水素脆化の解消など、金型の製造に必要なものを正確に特性化し、材料(部品)の可塑性、靭性、疲労強度を向上させます。 真空をゆっくりと加熱し、部品の内側と外側との間の小さな温度差は、真空熱処理プロセスにおける部品の変形が小さいことを決定する。


使用される種々の冷却媒体に応じて、真空急冷は、真空油急冷、真空ガス急冷、および真空水急冷および真空硝酸塩塩等温急冷に分けることができる。 真空熱処理の主な用途は、真空油急冷、真空ガス急冷および真空焼戻しである。 ワークピース(ダイなど)の真空加熱の優れた特性を維持するためには、冷却材の選択と配合と冷却プロセスが非常に重要です。 ダイクエンチングのプロセスは主に油冷却とガス冷却に使用されます。


熱処理後にもはや機械加工されていない金型表面に対しては、疲労特性、表面輝度、耐食性などの表面品質に関連する機械的特性を改善するために、真空焼き入れ、特に真空焼入れされた加工物(ダイ)を使用することができる等


熱処理プロセス(組織シミュレーションと性能予測技術を含む)におけるコンピュータシミュレーション技術の開発と応用が成功すると、モールドのインテリジェントな熱処理が可能になる。 小さなバッチ(単一の部品でさえ)の特性および多くの種類の型、高い熱処理要件および廃棄物を許容しない特徴のために、型のインテリジェントな熱処理が必要となる。


モールドのインテリジェントな熱処理は、モールドの構造、材料、熱処理性能の要求、 ダイの加熱プロセス中の温度場および応力場のコンピュータシミュレーション、 加熱と冷却プロセスのシミュレーション。 焼入れプロセスの処方; 熱処理装置の自動制御技術などがあります。


米国や日本などの先進国は、真空高圧ガス急冷における技術研究開発を主体とし、主に金型を目指している。