ワークピース表面のPVDコーティングの要件

- May 19, 2018-


工作物または工具の表面状態は、コーティングの性能に決定的な影響を及ぼし、完全なコーティングの品質のための前提条件である。 良好な品質の被塗装物を得るためには、ワークピースを研削または研磨し、輸送のための防腐処理を施す必要があります。


1.地面には軽くひび割れてはいけません。酸化皮や再硬化してください。


2.粉砕中に使用される冷却剤は、スルホン酸カルシウム、ホウ素またはヨウ素化合物、またはシリコン含有消泡剤を含有することができない。


研削された表面、研削砥石、研摩された表面、またはめっきされた表面によって研削された表面は研磨剤および残留物がなくてはならない。


4. 最初の使用中に破損するのを防ぐために、ブレードにバリがないようにする必要があります。


5. EDM(電気放電加工)プロセスでは、「白い層」の形成を減らすために、複数の表面処理パスが推奨されています。


6. 表面は光沢のある金属でなければならない。 錆びた表面、茶色の光沢のある表面、蒸した青色の表面、または同様に処理された表面はコーティングすることができません。


7.ブラインドホールとスレッドには硬化塩やその他の汚染物質がないこと。


8. 粉砕物 ワックス、テープ、油性塗料および粉体、洗剤残留物、指紋および類似物を粉砕する他の非金属不純物をワークピースから除去しなければならない。


9. 溶接継手およびろう接継手には、空気孔、フラックス、およびカドミウム化合物がなくてはなりません。


10.ワークピースを消磁する必要があります。


コーティングすべき機能的表面の平均粗さRzを第1のゲージインジケータとして使用することができる。 値は、コーティングの厚さと同じオーダーの大きさでなければなりません。 表面粗さが高い場合、局所的なコーティング圧力が高すぎるので、コーティングは剥がされ、粗さのピークでコーティングが破損する危険性がある。