真空コーティング装置の擬似欠陥解析

- May 29, 2018-


真空コーティング機を使用すると、必然的に検出されず検出できないいくつかの不具合が発生します。 これは疑似欠陥です。


コーティングプロセス中に、暗い黒色のニッケルコーティングがあり、時には白い縞もあります。 この場合、色を復元するために黒の塩を少し追加するだけです。 しかし、それを一定期間使用すると、約1時間かかりました。 これはまた起こった。 検査後、真空コーティング装置は、浴中の不純物が多すぎることによって引き起こされることが判明した。 黒化剤は、この状況を一時的に緩和することしかできない。 コーティング時間の増加および黒化剤の消費により、これは再び起こる。 これは一般的に外観です。 ほとんどの場合、1つのプロセスで発生しますが、その理由は別のプロセスに存在します。 これはいわゆる擬似故障です。


実際に、真空コーティング装置の耐用年数を延長する場合は、正しい操作を使用する必要があります。 正しい操作は、コーティング機の耐用年数を延長するだけでなく、コーティングの品質を保証し、再作業時間を短縮することができます。


アルゴンの純度は99.99%以上に制御し、真空度は0.67pa以上に保つ必要があり、真空が要求される真空度に達することができないように定期的に点検する必要があります。 一部の部品はプライマーでコーティングする必要があります。 真空コーティングの場合、プライマーを完全に焼成して硬化させる必要があります。そうしないと、真空炉の温度が上昇すると水分やその他の物質が蒸発して真空度に影響します。 同様の理由から、内部に揮発性の不純物が多く含まれているものは、塗布する前に乾燥させる必要があり、この操作を行うことで、フィルムが暗くなったり黒く見えないようにすることができます。