環境保護、精製および個別化は、中国における真空ポンプ産業の発展の方向性となります

- Mar 27, 2019-

環境保護、精製および個別化は、中国における真空ポンプ産業の発展の方向性となります

 

真空ポンプは、容器の機械的、物理的および化学的抽出によって真空環境を作り出し、改善しそして維持するために使用される装置である。 国家統計局によって策定された国家経済産業分類およびコードによれば、中国は一般機器の製造において真空ポンプの製造をポンプ、バルブ、コンプレッサおよび類似の機械の製造として分類している。

泵11

中国の年間経済成長率の着実な発展に伴い、中国の真空機器製造業界は対応する開発スペースを獲得しています。 外資系企業の参入、業界競争力の向上、ブランド構築の発展はすべて、中国の真空分野が1つの角度から有利に働く環境を説明し、さまざまな形態の資本が投入され、市場の雰囲気が活気づけられます。 将来の開発において、技術の研究開発の能力をどのように強化するか、効果的なイノベーションメカニズムをどのように構築するか、よりオープンで冒険的な道へと移行する方法は、我々が直面しなければならない問題です。

 

ユーザーのニーズと動的な変化に応じた真空ポンプ市場。 市場の成長は、半導体産業の急速な発展とドライポンプとモレキュラーポンプの使用の増加によって推進されています。 現在、約20億ドルのグローバル真空ポンプ市場の年間売上高、約7%の年間成長率。

 

真空ポンプ市場開発動向

 

20年以上の改革とオープンポリシーは大きな発展と大きな進歩を遂げてきたので、真空機器業界についてのグローバルな真空ポンプ業界の市場調査レポートの調査と開発動向の深さから、それは出力の大幅な増加に反映されていません、収量、および種類、仕様、または包括的な技術レベルで、重要な結果を達成しています。 特に近年、産業界の企業は機会をつかみ、製品構造を調整し、そして技術革新を積極的に推進し、そして大規模産業および国家レベルで多くの新製品と技術的成果を上げ、中国の国家経済建設に貢献している。科学技術の発展と国防ハイテクの推進。

 

人々は環境保護の概念をより深く理解しているので、それは業界の産業環境と一致しています。 多くの産業用応用機器において、環境保護と省エネルギーの概念はその生産と応用に深く関わってきており、企業が高い付加価値を維持するための重要な方法になりました。

 

1.環境保全を重視する

 

国が環境保護と省エネルギーと排出削減をますます重要にするにつれて。 真空ポンプ企業は徐々に大きな真空ポンプの騒音の問題を解決します。 新しい材料を使用して、振動を減らし、騒音を減らし、オイル注入ポンプ、オイル漏れの問題を解決するために、またユーザーの作業環境のためにきれいな環境に新しい技術の新しいプロセスを研究開発する。

 

2.個別化された洗練された開発を重視する

 

過去数年間で、そして私たちの真空ポンプ製品は基本的に形です。 しかし、市場の多様化の要求を満たすことはできません。 真空ポンプ企業の次の発展は個別化され多様化されるべきです。 いわゆるパーソナライゼーションおよび改良は、さまざまなユーザー、具体的なニーズを持つさまざまな業界、特に製品のユーザーが関わる特定の状況のためのものです。 このときの用途は商品ですが、商品の特性上最大の遊びです。

 

今の全体的な状況は良好です、製品の研究開発の技術を強化するために私達の国の産業における真空ポンプ産業の発展は、販売チャネルの観点から電子商取引を最大限に活用します。企業は、そして今日私たちの国でクロスボーダーの電子商取引の構築を強化し、ネットワークを介して世界への真空ポンプは、将来的にも可能です。 関連する国内真空ポンプ企業は、製品の品質、性能、価格のいずれにおいても、将来の市場競争が激しく繁栄するためには、このように独自の優位性を持っているかどうかにかかわらず、総合競争力を強化する必要があります。

 

IKS PVD、中国からの真空コーティング装置製造、今私達と連絡、iks.pvd @ foxmail.com

微信图片_20190321134200